お問い合わせ・資料請求は電話・フォームから

TEL.03-3742-2266

煮干類

煮干類
鰹節と並んで、出汁に欠かせない「煮干」。ご家庭の味噌汁の出汁から、うどん、ラーメンまで、幅広く使われております。その種類は非常に多く、ここでは弊社で取り扱っている煮干のごく一部をご紹介いたします。

片口煮干(かたくちにぼし)味のしっかりした強い出汁

カタクチイワシを原料とした最も一般的で生産量も多い煮干で、いわゆる煮干っぽさが一番強いのがこの片口煮干です。大型のタイプほど脂が乗りやすいため強めの出汁に、小型のものほどあっさりとした上品な味わいになる傾向がございます。また、片口煮干には「黒口」と呼ばれる写真のように背の部分が黒いものと、「白口」と呼ばれる背の白いものがあり、白口のほうが上品な出汁になる傾向がございます。

ウルメ煮干(うるめにぼし)あっさりとしたクセのない味わい

ウルメイワシを原料とする煮干で、片口よりもあっさりとしていて、クセの少ない出汁が取れる特徴がございます。ウルメイワシは煮干の他、節加工されて「ウルメ節」として流通することもございます。

アジ煮干(あじにぼし)甘みのあるあっさりとした味わい

アジを原料とする煮干で、甘みのあるあっさりとした出汁が取れる特徴がございます。

平子煮干(ひらこにぼし)あっさりとした味わい

マイワシを原料とする煮干で、片口煮干と比較すると、ややあっさりした味わいの出汁が取れる傾向がございます。

アゴ煮干(あごにぼし)独特の甘みのある味わい

関西方面では「アゴ煮干」とも言われているトビウオを原料とする煮干で、独特の甘みのある出汁が取れます。素材としての珍しさもあり、和食の他、ラーメン用としても人気がございます。焼き加工が施された「焼アゴ」という商品もございます。

鯛煮干(たいにぼし)上品で淡泊な味わい

タイを原料とした煮干で、白身魚ならではの上品で淡泊な出汁を取ることが出来ます。 このような特徴から和食用の出汁としてお使いいただけますが、素材自体の珍しさからラーメン用の出汁としてご利用いただくこともございます。

牡蠣煮干(かきにぼし)豊かな旨味のある出汁

牡蠣(カキ)を煮干加工した珍しい食材で、牡蠣ならではの風味と、豊かな旨味のある出汁を取ることが出来ます。この他、ラーメンスープやたれに漬け込むことで、牡蠣煮干の風味を移した特製ダレを作ったり、料理の隠し味などにもご利用いただくことが出来ます。